出前陶芸|会場の準備について

レクリエーション実施の方針がお決まりになりましたら、日程のご検討とともに、会場となる場所のご予約手配を行って頂きます。夏休み中の行事では、予約が取れにくいこともありますので、お早めの手配をお薦め致します。

会場例

最寄の市民センター、公民館、集会所、小学校の体育館や図工室などが一般的です。
その他、各種施設のホール、会議室、研修室、ミーティング室などでも実施頂いています。

会場予約申込

行事役員様にて、会場を管轄する機関に日程などをご相談の上、ご予約下さい。
会場使用料が発生する場合はご負担願います。

会場面積

ご参加見込み人数が収容できるお部屋があれば理想的です。
通常は、ご参加見込み人数×0.7畳程度以上の広さが必要です。(1畳≒1.66㎡)
テーブルや椅子を使う場合、その分、使用面積が大きくなります。

制作テーブルなど

テーブルを使用する場合は、会場に備え付けのものをご利用頂きます。
テーブルが無くても床上で制作することができます。会場の広さと設備により、お決め頂きます。
低学年のお子さんは、ローテーブル(座卓)か床上での制作がしやすいようです。

その他、必要な設備等

ボウルに水を入れたり、布巾を絞ったりしますので(会場のお部屋から近くなくても構いませんが)水道をお借りします。
制作説明のために、ホワイトボードか黒板があればお借りできれば幸いです。(無ければ結構です)
体育館などの広い場所や100名近い大人数で実施する場合、マイクがあればお借りしたいと思います。

床汚れについて

細かな粘土くずなどで少々床を汚してしまうかも知れませんが、水拭きで拭き取れます。
畳のお部屋など、ご心配の場合は、ブルーシートを敷いて頂くのがお薦めです。
ブルーシートは、こちらから無料でお貸しすることができますので、ご希望の際はご用命下さい。

会場の種類と実施例

当日の会場の状況に合せて、臨機応変に対応させて頂いております。

市民センター

小学校

公民館

集会所

電話(022)341-7236 

教室開催中は電話に出れない場合がございます。
PAGE TOP